vs長文読解 2ページ目「英文が読めないワケ」

「単語はわかりますが
文の意味はわかりませーん」

これは高校時代の私の口癖です。

英語の授業で訳をあてられたときに
必ずこう答えて逃げてました。



I think that that that that that boy wrote is wrong.

この英文はそれなりに
有名だと思います。

使われている単語は簡単です。

しかし、正確に訳すことができる
人は少ないです。

ここに英文を難しく感じる
壁が存在しているみたいです。


英語を難しいと感じている生徒にこそ
単語の並び方を学んでほしいと思います。

単語の並び方を知ると
英文はとても簡単に見えます。




まず、英文が難しく見える
原因をはっきりさせておきましょう。

単語の意味はわかっているのに
文章の意味がわからない。。。

その原因はたったひとつです。



助詞がないから、です。



日本語の文章には助詞があります。

しかし、英語の文章にはありません。

単語と単語をつなげている
助詞がありません。

日本語なら

「トムが・ポッキーを・買った」は
どう並べても意味は変わりません。

「トムが・買った・ポッキーを」
「買った・トムが・ポッキーを」
「ポッキーを・買った・トムが」

どう並べても
トムがポッキーを買っています。

しかし、英語に助詞はありません。

そのため、単語の並べ方で
文章の意味が決まってしまいます。

「トム ・買った・ポッキー」と並べると
「トムが・買った・ポッキーを」となり

「ポッキー ・買った・トム」と並べると
「ポッキーが・買った・トムを」となり

「トム・ポッキー・買った」と並べると
「ポッキーであるトムが買った」となります。

だから、単語の意味が
わかっていてもダメなんです。

単語の並び方を知らなければ
意味がわからなくなります。




英文の並びを

広告を非表示にする