【ORASシングル】クルマユ絶対選出構築10選

流行りに便乗して「構築10選」なる記事をそれっぽく執筆してみようと思います。

もちろんクルマユです。

一応好きな構築よりも強い構築を優先したつもりです。

またクルマユ本来の持ち味を活かすため輝石クルマユを使用した構築、ねばねばネットによるS操作を含む構築のみに絞ってあります。

クルマユは襷ハハコモリを差し置いてまで使う必要性がないという結論が出てるため省きました。

ゴツメクルマユも環境へのメタとして現れた一時的なものなので省いてあります。

なお"「少なくとも複数人が使ってオフやオンライン大会などで結果を出している」という、言わば本当に環境のスタンダードとなった構築のみを載せる”という基準を設けるとここで記事が終わります。


それではそれっぽく10選を並べていきます。

1.ガルクレセドラン部門
2.ガルクレセキュウコン部門
3.クルマドラン部門
4.ガルカバ部門
5.ガルガッサ部門
6.ビビヨン部門
7.キュウコンクレセ部門
8.メガリザードンY部門
9.高速サイクル部門
10.積みアタッカー部門

番外.バトンクルマユ部門


詳細な選定基準はなんとなくですし、全体の方向性としては、

まず戦術を「対面操作」「詰ませ」「ガルーラ」「ガルーラじゃないやつ」「嵌め」の5つに気持ち区分しています。

さらに第六世代の構築では「必ずメガシンカポケモンが入る」というものがありますが、よく見たらメガシンカポケモンが入ってない構築がありました。

それでもメガガルーラに偏るあたり、やっぱつえーなーって感じです。単にガルーラしかまともに使えないだけなのは内緒です。

そのため直近nもういいや紹介にいきますね。


1.ガルクレセドラン部門
f:id:shinyanohanashi:20160925171922p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172141p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172749p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172758p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925173115p:plain

2.ガルクレセキュウコン部門
f:id:shinyanohanashi:20160925171922p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172141p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925173754p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172758p:plainf:id:shinyanohanashi:20160926044418p:plain

ガルクレセにおける本来の並びは「ガルーラ+クレセ+崩し1+崩し2+保管+@1」だった覚えがあります。

相手のガルーラとこちらのガルーラの強弱、クレセリアを崩す鉢巻ガブリアスへの対処、ゲッコウガへの解答などが組み込まれるらしいです。

しかしクルマユ

・物理受けへのB操作
・相手のガルーラへのS操作
・ボルトゲンガーへのB操作
ゲッコウガへのS操作
・鉢巻ガブリアスのS操作

を担うことから、こちらのガルーラが相手の全てのガルーラに対面勝ちし、物理受けに対しガルーラ自身が役割破壊の駒となり、鉢巻ガブリアスゲッコウガを一方的に処理できる可能性が生まれました。

それを実現するべくガルーラの構成は、意地っ張りASに振り切った「猫騙し+不意打ち+捨て身タックル+地震or氷技」に限られます。地震と氷技の選択は、後述する保管枠の組み合わせで選択となるでしょう。

これを踏まえると本来のガルクレセ構成とは大きく異なり「ガルーラ+崩し+クルマユ+クレセリア+崩し+保管」という、ガルーラ軸とクレセリア軸それぞれを組み合わせた並びに安定しました。

ヒードランの場合、サイクルを回してクルマユとガルーラの行動回数を稼ぎつつ、自身かガルーラどちらかを通していく勝ち筋を作り出すのに対して

キュウコンの場合は、葉緑素によりクルマユの行動回数を増やしつつ、晴れ下の火力および補助技によりゲンガーを含む物理受け潰しをサポートする、あくまでガルーラの一貫を優先する構築となります。

保管枠には、クルマユが対面操作を行う隙を与えてくれないマンダマンムー+スイクン+鋼のマンダサイクルや、BS操作が完全に無意味となるトリルクチートへの解答が求められます。

なお言うまでもなくスタンパの崩しの枠であるサザンドラヒードランウルガモスすべてにクルマユは弱いため、ガルーラ4枠目の技との兼ね合いが非常に重要です。

またクルマユを使うにあたってファイアローバシャーモへの対策がよく求められますが、強いクルマユ構築は意識することなくそれらへの対策が組み込まれると考えています。

なおヒードランが3つくらい持ち物を持っていたり、キュウコンが7つくらい技を持っていたりと、かなり立ち回りに誤魔化しが含まれていて、対戦相手の方ほんとごめんなさいって感じ。


3.クルマドラン部門
f:id:shinyanohanashi:20160925171922p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925173958p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172749p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172758p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174420p:plain

クルマユ使いが必ず通るクルマドラン構築からひとつ。下手なことするとエルフーンでやれとなるので注意。

元はガルクレセ構築のひとつであるガルクレセドランをさらに突き詰めた形で、個人的には一番の完成形と思っています。

基本的に上記ガルクレセと同じ方向性をもっており「ガルーラ+クルマユ+ヒードラン+自慢の枠+保管+保管」で構成されてきました。

強いガルクルマドランはバシャーモを騙して勝つので、やはりごめんなさいって感じ。


4.ガルカバ部門
f:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925171922p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174628p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172758p:plainf:id:shinyanohanashi:20160926035516p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175314p:plain

ガルカバといいながらカバルドンはおまけ、正しくはガルカバをベースとした構築です。

本家カバガルゲッコウガと比べ、被弾回数が少ないため事故率が下がり、基本選出を歪ませる構築が減り、試合時間も短くなるという優れもの。これはノミネートしちゃうわ。

ガルカバにおいてガルーラが相手のガルーラに弱く、スカーフガブリアスゲッコウガを崩されてしまうため、カバルドンはそこを埋める形で採用されています。

それだけじゃないけどそういうことにします。

しかしクルマユがいると、ゲッコウガがスカーフガブリアスを上から殴れる、ガルーラが相手のガルーラすべてに勝てる、さらにハイボ勢を止められる、のでカバルドンが消え去りました。


5.ガルガッサ部門
f:id:shinyanohanashi:20160925171922p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174852p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925180037p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172758p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925173115p:plain

ねばねばネットは催眠身代りと相性が良すぎる。

なおビビヨンとはかなり方向性が異なるので、それぞれでノミネート。

ポイヒガッサの場合、胞子無効でないならば飛行タイプ及び特性浮遊を除き、あらゆる対面が起点となるです。

テクニガッサの場合、本来素早さを抜かれているガルーラ、ガブリアス(スカーフを除く)の上を取れるため、テンガッサほどの耐久を持たせずとも起点が生まれるです。

またガルーラゲッコウガの上を取れるためマッハパンチの採用優先度も下がるです。

ポイヒガッサ部門とテクニガッサ部門でわけたいくらいだが、環境によってそれぞれを使い分けていたためひとつにまとめたでした。

勝率と運勝ちのしやすさから、ポイヒ・胞子・身代わり・宿り木の種・発勁の構築を選んだでした。


6.ビビヨン部門
f:id:shinyanohanashi:20160925171922p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925180353p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925180151p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175314p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174628p:plain

同じく催眠身代りからビビヨンをノミネート。

こちらはあくまでビビヨンが軸でありメガシンカ枠は固定されていなかったのだが、結局ガルーラに落ち着いてしまった。

クルマユガルーラの二匹で理論上、ビビヨンの対策となり得るポケモンをすべて封殺できる。

ラムガブリアス及びラムゲッコウガハイパーボイス勢をクルマユが操作し、ゲンガーナットレイをガルーラが処理する。

個人的にまじで犯罪だと思ってる水ロトムゴツゴツメットを採用しているのでほんとごめんなさいって感じだけど、ねばねばネット下なら数値足りてるし許してね。

一応XY時代に、クルマユ絶対選出で最高レートを達成したのはこれ。


7.キュウコン部門
f:id:shinyanohanashi:20160925173754p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172141p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175047p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172758p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175103p:plain

クルマユ葉緑素で135族抜きまで素早くなることは未だ知られていない。

その何より意表をつく素早さからの対面操作は安定して強力なためノミネート。

キュウコン部門からは懐かしのキュウコンクレセ、晴れ状態よりもネット下における詰ませ性能が凄まじい。

毒々、キノガッサ、鉢巻ガブリアス、捨て身タックルで崩されない「瞑想、月の光、身代わり、サイコショック」が確定となる。


8.メガリザードンY部門
f:id:shinyanohanashi:20160925174531p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174852p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172758p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175047p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175314p:plain

同じく晴れパのリザードンYをノミネート。

クルマユがDS方面を操作しリザYの火力を押し付けていくのは素直に強い。その中でも非常に勝ち筋を掴みやすいリザYガッサの組み合わせを選んだ。

リザードンYキノガッサの相性保管は言うまでもなく、葉緑素クルマユの対面操作によりなんやかんややりたいことを押し付けるんや。


9.高速サイクル部門
f:id:shinyanohanashi:20160925175839p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175851p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175907p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175047p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925175314p:plain

マンダドリュウズを抑えてこちらがノミネート。そろそろしんどいし以下略。

ライボルト@メガ 控えめ CS
電磁波、10万、ボルチェン、めざ氷

ファイアロー@アッキ HBS
ビルド、羽休め、鬼火、アクロ

クルマユ@輝石
エレキ、ネット、毒々、糸はき

チルタリス@メガ石 穏やか ゲッコウガ抜き耐え
コットン、ハイボ、文字、羽休め

バンギラス@鉢巻
エッジ、地震、冷パン、追い打ち

ドリュウズ@残飯
まも、みが、地震、ドリル


10.積みアタッカー部門
f:id:shinyanohanashi:20160925180037p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925180151p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925172749p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925173115p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925171922p:plain

クルマユ絶対選出においてメガシンカ積みアタッカーに求められるのは、カバクレセスイクンあたりを突破する火力。

中でもガルクレセドランを一人で突破できる技範囲、ステロ+先制技によりアローゲンガーボルトなどへの抑制力、ガブに強い、取り巻きがクルマユと保管がとりやすいなどからメカハッサムを選択。

一応ルカリオクチート、リザX,ヘルガーガブリアスあたりが候補にあがっていた。

源流はこれ
http://shinyanohanashi.hatenablog.com/entry/2016/06/05/204104


番外編.バトンクルマユ部門
f:id:shinyanohanashi:20160925180630p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174117p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925180645p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925180701p:plainf:id:shinyanohanashi:20160925174628p:plainf:id:shinyanohanashi:20160926035911p:plain

ねばねばネットを搭載していない、またクルマユを選出しないパターンが組み込まれているため10選には入らなかった。

しかしこのギミックを使用したオフにおいて最も高い成績を残し、またギミックの期待値の高さから番外編として添えた。

バシャーモ+クルマユ+グライオン+スイクン+ゲッコウガまでを確定とし、ニンフィアの枠には癒やしの願いを採用したサーナイトやピクシーが候補にあがる。

オフで使用した構築はこちら
http://shinyanohanashi.hatenablog.com/entry/2016/09/14/223518




以下それぞれの中身、気が向いたときしっかり書き上げます。

1.
ガルーラ@メガ 意地っ張りAS
猫騙し、捨て身、地震、封じ

クレセリア@ゴツメ 図太い HB S113
月の光、身代わり、サイキネ、冷ビ

クルマユ@輝石 臆病 H228 B28 S252
ネット、悩みの種、毒々、エアスラ

ヒードラン@残飯 穏やかHD S113
マグスト、鬼火、守る、挑発

ボルトロス@オボン 図太い HB S113
悪巧み、電磁波、10万、草結び

ガブリアス@珠 陽気AS
逆鱗、地震、雪崩、剣舞


2.
ガルーラ@メガ石
猫騙し、捨て身、ふいうち、地震

クルマユ@輝石
糸を吐く、ネット、嫌な音、エレキ

キュウコン@珠 臆病CS
鬼火、悪巧み、文字、めざ地

クレセリア@ゴツメ
リフレク、三日月、電磁波、こごかぜ

ボルトロス@襷 控えめCS
10万、サイキネ、気合玉、電磁波

ミミロップ@メガ石
空元気、恩返し、冷パン、ひざ


3.
ガルーラ@メガ石
猫騙し、捨て身、地震、ふいうち

ジュゴン@残飯
みが、しば、零度、こごかぜ

ヒードラン@眼鏡
ラスカノ、噴煙、大地、めざ電

クルマユ@輝石
ネット、糸を吐く、嫌な音、バトン

ボルトロス@オボン
ワイボ、馬鹿力、ビルド、電磁波

ランドロス@ゴツメ
地震、封じ、とんぼ、ステロ


4.
ガルーラ
猫騙し、捨て身、地震、冷パン

クルマユ@輝石
糸吐く、ネット、悩み、バトン

ゲッコウガ@珠
冷ビ、悪波、草結び、ダスト

ボルトロス@
電磁波、

ゲンガー@襷
シャドボ、へど爆、こごかぜ、ふいうち

カバルドン

広告を非表示にする