ポケモン対戦初心者への接し方

人がなにか新しいことを始めるとき

ポケモンにあてはめると

1.なんか今つまらないから
なにか楽しいことをしたい。

2.ポケモンが楽しそうだから
ポケモンをやってみたい。

3.ポケモンをやらなきゃいけない
必要に迫られた。

みたいなとこ。

そのうち2.をターゲットにしています。

3.は

友達みんなやってるからやるどころか
やらないとみんなについていけない
ハブられる、みたいなね。

その手のやる気があるやつは
どんだけ難しかろうとやるので

今すでにある動画やウェブページで
足りてると思います。

1.はそもそもポケモンに辿り着いてません。

とりあえずポケモンを買ったり
ストーリーをクリアした段階を想定しています。

ポケモンの面白さを伝えるよりは
ポケモン対戦の面白さを伝えるコンテンツを
作ろうと思っています。

2.

ポケモンのストーリーはまあ楽しかった。

ポケモン対戦って楽しいのかな?

楽しいかも、をターゲットにしています。

少しモチベがあります。

こういう人はいかに

「面倒くさい」

「難しい」

と思わせず

「楽しいかも」を持続させられるかが
大切だと思っています。


こういう経験あると思います。

勉強がんばろう!ってちょっと
やる気出すときあったと思います。

何したらいいかわからん

なんか難しそう

なんか面倒くさそう

んで辞めたと思います。

けど

これなら出来るかも

出来て楽しい

こう感じていくと
のめり込んでいきます。

先生の言う事は絶対!なんてのは
時代遅れなのだと思います。

いかに先生の言う事を
聞き続けてもらえるか

そういうコンテンツでなければ
人は見てくれない時代になっているのを感じます。

いかにポケモン対戦を楽しませてあげられるか

こういう姿勢が大切なのだと思います。

子どもを相手にしてるのかよって思うかもしれませんが、そうです、子ども相手みたいなものです。

その教える相手が何歳であろうと、ポケモンにおいて小学生みたいなものですし。

むしろ大人であればあるのど、もっと他にやることがあるので、離れやすいです。

みんな暇ではないんです。


この辺を理解できない状態では

どんなにポケモンが強かろうと、
どれほど知識を持っていようと、

初心者に教える資格はないと
私は考えています。

なぜなら

ポケモンって難しい。
ポケモンって面倒くさい。
ポケモンって楽しくない。

そういう印象を与えて
ポケモン嫌いを増やしてしまうからです。

何もしない方がマシです。

勉強でもスポーツでも音楽でも
何でもそうですが、

知識もってるだけの馬鹿には、
人を教える資格はないと思っています。

やる気にならないのも
面白くないと感じるのも

すべて教える側の責任であると
思って教えなければなりません。


彼女欲しい!って思ったとします。

じゃあ今から100人ナンパしてこい!
声掛けるのが恥ずかしいのはやる気がないからだ!

とか言われたら、こいつ殺すぞって思うと思います。

もしくは丁寧に

まず美容院探して、美容院行って、ちゃんと髪型伝えて、ワックス自分に合うやつ探して、眉毛の整え方調べて、コームやハサミ買って、ヒゲ整えて、剃って、ケアして、

で、挨拶するんだけど、姿勢よくして、もちろん姿勢よくするクセを常につけて、相手の目を見て、目を見れないなら目を見るトレーニング、テレビや雑誌の人と目を合わせるとこからして、道ですれ違う犬やお婆ちゃんとかと目を合わせるとこから初めてみて、声もゆっくりはっきり裏返らず堂々と、発声練習〜

相手の会話を続けるため、相手の持ち物とかの最低限知識をつけるため雑誌に目を通したり、しゃべくりやイッテQを毎週かかさず見て〜

そもそも出会いがないなら〜

会話の練習、3分間壁に向かって〜

はい、読むのすらしんどかったと思います。

必要に迫られてるときならともかく、

ふと彼女欲しいなーとか思ったレベルでは
そうそう行動に移せませんよね。

そしてすぐ別のやりたいことや
やらなきゃいけないことをすると思います。

けど、ふと友達と遊んでるときに

「お、可愛い子いるやん、ちょっと何秒目合わせられるか勝負してみようぜ」

とかやったら楽しいと思います。

「昨日、」

楽しいから毎日やります。

毎日やるからどんどん上達します。

気付いたらすげえことになってます。

何しても楽しい段階です。





とりあえず、

簡単だ、難しくない

すぐ楽しい、面倒くさくない

この辺りを大切にして作っています。

広告を非表示にする